news

news

[2020.09.04]【PUMA/スニーカー通信Vol.8】長年愛される定番シューズ“SPEED CAT”から紐解くプーマ×モータースポーツの魅力とは。





弊社にてPRを行っているスポーツブランド「PUMA」からブランドエバンジェリスト野崎兵輔氏をお迎えし、PUMA新情報の裏話やスニーカーの魅力をお届けしている『スニーカー通信』。

今回Vol.8では、PUMAが長年サポートし続ける“モータースポーツカテゴリー”で絶大の人気を誇るシューズにスポットライトを当て、知られざる深い歴史に迫ります。


■今年で20周年を迎えるプーマ×モータースポーツの世界
レーシングスーツをはじめとした各ギア、チームユニフォームなどファッションとモータースポーツを融合させたPUMA。その中でもレーシングシューズの“SPEEDCAT”は、ストリートファッションとしても定番化しているモデル。今年8月に発売された女性レーサーを応援する“SPEEDCAT”最新作を含め野崎氏が解説!

>プーマがモータースポーツの世界に再参入したのが、2001年。
究極のスポーツとも言えるF-1の世界に挑戦する為にPUMAがパートナーに選んだのがモータースポーツの本場 イタリアに本拠地を置くsparco社。
モータースポーツの安全性向上に貢献する企業として耐火レーシングスーツやヘルメット、シートやステアリングに至るまで開発、販売する企業です。



プーマは彼らと強力なタッグを組んで、FIAの公認を取得しF-1での使用を想定したモデルと、モータースポーツファンに向けたレプリカを同時販売しました。凄いのはレプリカにもsparco社が関わっているということ。レプリカに至るまで本物に拘って作るところにプーマらしさを感じます。
このホンモノ感、シンプルなデザインとドライビングシューズらしいシャープなシルエットは、ライフスタイルマーケットでも絶大の人気を誇りました。
2020年はプーマがモータースポーツカテゴリーに参戦してから20周年のアニバーサリーイヤー。
この記念すべき年に再度sparco社と協力して復刻されたのが、「SPEEDCAT OG SPARCO」と「SPEEDCAT MID SPARCO」です。


(※SPEEDCAT OG SPARCO)


(※SPEEDCAT MIDSPARCO)


「SPEEDCAT OG SPARCO」はオリジナルに忠実なレプリカ。
「SPEEDCAT MIDSPARCO」はタウンユースを想定したオール スウェードでフォームストリップに合わせたオフ ホワイトのアウトソールで仕上げられています。
マーケットではチャンキーソールが人気ですが、早い人は履いた時に足がシュっと綺麗に見えるナローでロープロファイルなシューズに注目しているようです。
シンプルなデザインや上質なスウェード素材でカジュアルからセットアップスタイルまで幅広く対応出来るのは、シューズ自体が本物である証。
新しいシルエットに是非、楽しんで挑戦してもらいたいと思います。

追伸)
2001年からずっと、プーマはモータースポーツの世界と深い関わり合いを持ち、現在でもF-1やGT等のカテゴリーでドライビングスーツやレーサー仕様のシューズ、ピットクルーに至るまでサポートを継続しています。
レーサーからは製品に対してフィードバックを受けて毎シーズン改良をかさねながら、より良いモノ作りとパートナーシップを気付いています。
“SEEDCAT”はプーマとモータースポーツの世界を結び付けた最初のシューズなのです。


スピードキャットとSPARCOのコラボレーションはこちらでCHECK!(リースも絶賛受付中!)


■今日の一足
種類豊富にあるスニーカーの中でも野崎氏が注目し、推奨する今日の1足はコチラ!

>今日の1足は、8月1日(土)に発売された「SKY-MODERN」を紹介します。


このシューズはプーマの競技用バスケットボールシューズ。
NBAでもレイカーズのクーズマ選手をはじめ多くの選手が着用しています。
このシューズ、実は1985-86シーズンにリリースされた「SKY-LX」というバッシュがベースになって開発をされました。新しいシューズですが、どこか懐かしい雰囲気があるのはこの開発背景によるものでしょう。


(※SKY-LX)

「SKY-LX」は全米カレッジ、NBAのチームカラーに対応するシューズとしてリリースされたモデル。
カレッジの強豪校であったカンサス大学やボストンカレッジもこのシューズを着用。
またNBAでもラルフ・サンプソンをはじめ、アレックス・イングリッシュやテリー・カミングスも着用していたんです。そんな実績のあるシューズをベースに最新の素材と製法で現代でも通用する競技用シューズとして蘇ったのが「SKY-MODERN」です。
アッパーは通気性の高いメッシュと天然皮革の補強パーツで構成され、ミッドソールは軽量でクッション性と反発性に優れたPROFOAMを採用しています。
特にこの白/赤は、1986-87シーズンにラルフ・サンプソンが着用したカラーリングをイメージしたもの。サンプソンは僕のヒーロー。


オリジナルモデル 「SKY-LX」の復刻モデルと合わせて購入しました。
競技用のギアを街履きするのも楽しいですよ。


■野崎兵輔Profile

プーママーケティング本部ブランドエヴァンジェリスト。 “伝道者”としてスニーカーをはじめ商品全般のコンセプトや製作背景など、プーマの魅力を広める活動を行う。様々なスニーカーの特徴をこと細かにまとめた“スニーカーノート”には、発売日やコンセプト、デザインソース、使用した素材、製作背景など、コラボレーションモデルからインラインに至るまでが書かれ、スニーカーフリークから絶大な支持を得ている。

★野崎氏へのインタビュー取材も可能です!
ご希望の方はお気軽に広報事務局までお問い合わせ下さい。


次回、Vol.9もお楽しみに!


▼このメールの感想をお聞かせください▼
今回のスニーカー通信はいかがでしたか?
ご愛読いただいているあなたの感想をお聞かせください。今後の参考にさせていただきます。

アンケートはこちらから

【SNSでも新作更新中!】
新作アイテムもYouTube&Instagramにてご紹介しています。
ifca showroom YouTube
ifca showroom Instagram

【PUMAに関するお問い合わせ】
プーマ広報事務局(株式会社PA Communication内)
小泉 / 平良 / 前田 / 小口
Tel: 03-5464-7366 / Fax: 03-3797-7850

pagetop