news

news

[2020.06.26]【PUMA/スニーカー通信Vol.4】PUMAが考える環境保全活動のテーマ“FOREVER BETTER (より良い未来へ) ”の目指すべき形とサステナブルシリーズの裏側に迫る!












弊社にてPRを行っているスポーツブランド「PUMA」からブランドエバンジェリスト野崎兵輔氏をお迎えし、PUMA新情報の裏話やスニーカーの魅力をお届けしている『スニーカー通信』。

今回Vol.4では、環境月間である6月にあわせ、ブランドとして行っている環境保全活動の背景や、サステナブルシリーズのご紹介、そして梅雨時期の野崎氏流のスニーカー手入れについて語っていただきました!


■“FOREVER BETTER (より良い未来へ) ”のためにPUMAが行っていること
6月は環境月間。PUMAが考える環境保全活動とサステナブルシリーズ「FIRST MILE」にかける想いとは。野崎氏に聞きました!

>PUMAは『FOREVER BETTER(よりよい未来へ)』というテーマのもと、地球環境への負荷を減らし2030年までに、二酸化炭素排出量(直接+間接排出量)を2017年のレベルと比較して35%削減を目指しています。FIRST MILEとの取り組みもその中の1つです。
また、PUMAは環境損益勘定(EP&L)で環境への影響に金銭的価値を付けた最初の企業であり、母なる自然をPUMAの最も重要なプロバイダーの一つと見なし、綿、ポリエステル、皮革、紙やダンボールの90%をより持続可能な調達先から調達しているんです。Herzogenaurachの本社ビルの電力は、再生エネルギーのみから生成されていることも独自の取り組みの一つです。海洋プラスティックゴミが製品に生まれ変わるまでのFirst Mileと、商品が消費者に届くまでのLast Mileという一連の流れをより強力なものにすることで、この活動が一過性なものではなく、今後ずっと続いていくことを望んでおり、その想いが込められたものがサスティナブルシリーズ『FIRSTMILE』なんです。
その『FIRSTMILE』シリーズの中でも僕がおすすめするのが、この「Erupt TRL FM」。

トレイルランニングからインスパイアされており、マウンテンブーツのようなアイレットや、大型のシュータンが甲を覆っていて、靴の内部に異物が入りにくくなっています。また、踵にはハイブリッドフォームが内蔵されていてとても快適な履き心地。グリップ力の高いアウトソールなど、独自性があって最高です!

▼PUMA x FIRST MILEプロジェクトMOVIEはこちら

▼サスティナブルシリーズ『FIRSTMILE』の「Erupt TRL FM」はこちらからチェック!

■野崎氏流!梅雨時期のスニーカー手入れ術
普段からスニーカーの手入れは欠かせないという野崎氏が、
梅雨時期はひと手間加え、スニーカーの●●をチェックすることが大事だと教えてくれました!

>ナイロンやスウェードアッパーのスニーカーは定期的に防水スプレーを吹き付けて着用するようにしています。







スムースレザーアッパーのスニーカーは、普段からオイルを入れているので、特別なことはしていません。ただ、着用したらブラッシングを行い常にシューズの状況を把握することが大事。正直、梅雨時期といえどもあまり過保護にせず、履いていくのも味が出て良いと思っています。(笑)

■今日の一足
種類豊富にあるスニーカーの中でも野崎氏が注目し、推奨する今日の1足はコチラ!

>今日の1足は『Kyron Awakening Women’s』。
最近特にPUMAの中で気になっているシューズです。






普段履きのスニーカーはクラッシックモデル(復刻版)がほとんどですが、このシューズは新しいデザインが施されたタウンユースモデルと言えます。とてもPUMAらしい。
2000年にもPUMAには同じような考え方を持ったデザイナーが在籍して、ユニークな発想でシューズを作っていたんです。発売当初はシューズのタンラベルが黒いことから『BLACK LABEL』という分類で好感度なスニーカーショップやセレクトショップで販売されていました。
特に『MOSTRO』というシューズは世界的に人気が高く、マドンナもツアーで着用したり、JIL SANDERとのコラボレーションのベースにもなりました。
「Kyron」には新しさに中に宿る懐かしさもあり、PUMAの歴史やプロダクトについてきちんと勉強してデザインされたことが良く分かります。PUMAのデザインDNAを実感することが出来るシューズが「Kyron」だと思っています。メンズサイズも展開して欲しいと思うくらい気になっているモデルです、、!

▼ECサイトでも販売中!


■野崎兵輔Profile

プーママーケティング本部ブランドエヴァンジェリスト。 “伝道者”としてスニーカーをはじめ商品全般のコンセプトや製作背景など、プーマの魅力を広める活動を行う。様々なスニーカーの特徴をこと細かにまとめた“スニーカーノート”には、発売日やコンセプト、デザインソース、使用した素材、製作背景など、コラボレーションモデルからインラインに至るまでが書かれ、スニーカーフリークから絶大な支持を得ている。

★野崎氏へのインタビュー取材も可能です!
ご希望の方はお気軽に広報事務局までお問い合わせ下さい。


次回、Vol.5もお楽しみに!


▼このメールの感想をお聞かせください▼
今回のスニーカー通信はいかがでしたか?
ご愛読いただいているあなたの感想をお聞かせください。今後の参考にさせていただきます。

アンケートはこちらから

【20AWコレクション リース受付中!】
6月以降に発売される20AWコレクションをご用意しております。
リースご相談、アポイント等お気軽にお問い合わせください。

■リース対応 営業日:毎週月曜/水曜/木曜
営業時間:11時-16時
※ご返却日は平日の11時以降でお願い致します。

【SNSでも新作更新中!】
新作アイテムもYouTube&Instagramにてご紹介しています。
■ifca showroom公式アカウント
YouTube
Instagram

【PUMAに関するお問い合わせ】
プーマ広報事務局(株式会社PA Communication内)
小泉/平良/前田/小口
Tel: 03-5464-7366 / Fax: 03-3797-7850

pagetop